Bright Stone Musicスタートのご挨拶

本日から、Bright Stone Musicという名のインディーズサポートレーベルをスタートすることになりました。まだ何もない状態ではありますが今後企画作品やイベントなども立ち上げて少しずつ進んでいきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

主宰者である自身のことですが、今年の1月までレコード会社に約20年間、勤めていました。そのうち14年間はCDショップへの営業回りをしており直近の5年ほどは制作部門で主に再発商品やオムニバスなどの編成を行っていました。

そういった仕事の中で知り合ったりしたインディーズアーティストたちを見たり、プロモーションをお手伝いしながらぼんやりと「こういうことができたらいいのでは?」と思ったりしたことを形に出来ればという思いがあり今回のスタートとなりました。

HPの中のレーベル概要といった内容で大げさなことを書いていますが、正直、全て出来るのか?本当に出来るのか?何が出来るのか?というのはわかりません。現時点での目標として掲げています。そして”インディーズアーティストの活動をサポート”としていますが、逆にアーティストたちからのサポート(協力)があって初めて成り立つレーベルなのだとも思います。

現在、いろんなインフラがある中、アーティスト自身が自ら学び実行していけば、このようなサポート活動というのは正直なところ必要ではない時代かもしれません。ただ、自身には10年ほど前にぼんやりと将来レーベルのようなものを立ち上げてみたいという思いがありました。そのために何をすればいいのか?何から手掛けたらいいのか?ということがわかりませんでしたが、その後の経験により何となくわかりかけてきたことを具体的に形にしていこうというところです。

なので、自身の夢、アーテイストの夢を一緒に叶えていける場所になればいいなと思っています。始まったばかりで思いや理想ばかりですが、少しずつ、出来ることから始めて行こうと思いますので、これから何卒よろしくお願いいたします。